デジタル技工

CAD/CAMシステムを導入して4年目に入ります。
パソコンでデザインされた形態はワックス、レジン、ハイブリッド、
ジルコニア等目的に応じて削り出しています。
2017年10月より光学印象(口腔内でスキャン)されたデータが弊社に送信されてきています。
受信されたデータを元に修復物を製作しています。
症例によっては歯科医院に於いてアナログ印象を採らない時代に入りました。
インターネットとCAD/CAMシステムを活用して子育てと仕事が両立できる
在宅勤務制度を目指しています。